猫が一匹おりま“した”

ドイツ生活も9年目に突入( ^ω^)・・・

ロルシュ修道院

カールスルーエを離れ自宅に帰る前に、別の場所にもよりました。 目指すはロルシュ修道院という、こちらも一応は世界遺産に指定されている修道院です。 ただ、観光本でもたいして紹介されず、また日本での知名度もないので、ここに来る日本人はあまりいない…

カールスルーエ動物園

マウルブロン修道院の観光は半日で終わってしまったので、残り半日はカールスルーエに戻って動物園に行きました。 カールスルーエ中央駅の目の前に動物園の入口があるので、とても行きやすいです。 動物園の中央には大きな池があり、ボートにも乗れるようで…

マウルブロン修道院

当然思い立ったように、週末に一人旅してきました。夏休み旅行とは別です。 前から行きたかった場所があったのですが、なかなか行く機会が無かったところへ行ってきました。 そのうちの一つが、世界遺産でもある「マウルブロン修道院」です。中世時代の様子…

引っ越し後

とりあえず、引っ越しを終えました。 クッソ暑い中、荷物運びをして汗まみれ。決して簡単ではなかった・・・ 部屋にはまだ未開封の箱が積んであるけど、もしかしてこれもう永遠に開けることないんじゃないかというような気がしてきた。 前より圧倒的に部屋は…

引っ越し前

引っ越しを前にし、そろそろモノを何とかしていくかと動き出してみたところ、思ったほど簡単ではないことに気が付いた。 ていうか、引っ越しをするということは、いらないものを片っ端から始末していくことではないかという悟りを得ました。とにかく捨てまく…

戯言2018年7月

あーっと、また気を抜いたらさらっと1か月放置してしまいました。 論文はさっとリバイスして再投稿、レスポンス待ち。バケーションシーズンだし、レビュアーが遊びに行ってるんではなかろうかという危惧もあるけど、のんびり待つか。。 ワイのバケーションが…

投稿論文その後2018

某Nの姉妹紙に投稿した論文は、レビューに回しましたという連絡が来てちょうど4週間でコメントが返ってきた。結構長かったな。 さらっと見たところ、エディターも3人のレビュアーも全員非常にポジティブ。あ、これもう載るやつだ、って感じ。 かといって対応…

あれこれ2018-06

かるーく1か月ほど更新を忘れてました。 以下、身の回りの小ネタについて。 肝心の仕事の方は、論文を某N誌に投稿→姉妹誌送り、という定番のパターンになり、あんだーれびゅー中です。レビュアーに何を言われるか大体予想は出来るけど、できるだけ手を抜く方…

オランダ2018

突然思い立ったようにオランダへプチ旅行してきました。アムステルダムは行ったことあるので、その他の別の場所へ。 この時期のオランダと言えば、チューリップです。そのチューリップで有名なキューケンホフ公園へと向かいました。スキポール空港やライデン…

Japan 2018

2週間ほど、ビジネス的な用事も含めて日本に帰っておりました。 以下、簡単にまとめます。 Air franceでCDG経由でフライトをとっていましたが、ストライキによりフライトがキャンセルになり、代替フライトとして、フランクフルト→アムステルダム→香港→関空と…

イスラエル

学会でイスラエルに行ってきました。中東戦争やその後の紛争のイメージから、あまり良い印象が無かったりするイスラエルですが、観光するにはとても良いところでした。 何と言っても、冬のドイツではあまりお目にかかれない日光を存分に浴びれるということが…

マルタ(おまけ)

あまり触れてなかった、マルタのグルメについて少しだけ紹介します。 まず、地中海なだけあって、シーフードはどこででも食べられます。ですが、これはまぁ他の欧州の国でも、何なら日本でも普通に似たようなものは食べれるので、それほど特筆するほどのこと…

マルタ(4)

マルタの紹介の最後 は、ゴゾ島です。マルタ本島から日帰りで観光可能です。 ゴゾ島はマルタ本島の北西に位置しており、マルタ本島のCirkewwaという町から出ているフェリーに乗って渡ることが出来ます。Cirkewwaまでは、スリマのバスターミナルから出ている…

マルタ(3)

さて次は、マルタ島北部地域の紹介です。 再び地図とともに紹介していきます。主な観光地としては、赤線で囲ったものになると思います。 まずはMostaにある、こちらのモスタ・ドーム。モスタという言葉は、アラビア語で真ん中という意味をもつムスタという言…

マルタ(2)

お次は、マルタ島の南部側の観光スポットを見て回りたいと思います。 再びどこからともなく現れたマルタ島南部エリアの地図(自家製)を用いて説明すると、主な観光地は赤線で囲った3か所になります。 各地には、ローカルバスを乗り継いで行くとお安くすむの…

マルタ(1)

マルタ共和国は地中海にある小さな島で、イタリアのシチリア島の南辺りにあります。フランクフルト空港からは飛行機で2時間半。ワイにとっては、お手軽に行けます。日本から行くよりは。 通貨はユーロでシェンゲン内ですが、プラグ形状が欧州で一般的なCタイ…

2018

新年あけましておめでとうございます。 今回の年末年始は、地中海に浮かぶ小島である「マルタ共和国」で過ごしてきました。 なんとも写真を撮りがいのある国でした。 追って記事を更新していきたいと思います。 本年もよろしくお願いいたします。 ↓応援(ク…

よいお年を

2017年ももう終わりということで、思い返してみてなんかいいことあったかなというと、はて・・・ 今年はワイの年である酉年だったので何か人生の転機があるかと思いきや、大したことはなかった。もうおしめぇだ。 今年も国外逃亡してきます。 それでは、また…

SW8

暇だったので、見てきました。ドイツ語版はさすがにわからないので、オリジナルの英語版で。つーか、吹き替えよりオリジナルの英語版の方が役者の演技がそのまま伝わってくるのでいい気がします。 自分はそれほどコアなファンではありませんが、ファンからす…

12月

いつの間にか12月に突入してました。 というわけで、今年もクリスマスマーケットの時期になりました。まぁ初日以外ほぼ行くことはありませんが。 初日は金曜の夜なだけあって、さすがに人がいっぱいです。もう毎年恒例ですが、2017年版のグリューワインのカ…

paradiso

最近やることがたまってきて、あたふたしてきており、年末が近づくにつれ精神的にも疲弊して、ここも更新を滞ってしまいがちですが、一応まだ生存はしております。 癒しを求めて、近所のペットシェルターに行きました。ここには、新たな飼い主を待つ犬猫など…

凱旋門賞2017

すでに一月前の話になりますが、今年もフランスのG1レースである凱旋門賞を見に行ってきました。 昨年はパリのロンシャン競馬場が改修工事中により、パリ郊外のシャンティイ競馬場で凱旋門賞が行われました。今年はロンシャン競馬場に戻ると思いきや、改修工…

ベルヒテスガーデン(3)

ベルヒテスガーデンの主要観光地の最後の3つ目は、ケーニヒス湖です。前回の最後の写真で、ヴァッツマンのそばに見えていた大きな湖です。 ケーニヒス湖へは、ベルヒテスガーデン駅前からバスで10分で着きます。こちらのケーニヒス湖のバス停からおりて5-10…

ベルヒテスガーデン(2)

ベルヒテスガーデンの主要観光地その2は、ケールシュタインハウスです。 ケールシュタインハウスはあのヒトラーの山荘で、ケールシュタインという山の山頂に建っています。 ベルヒテスガーデン駅前からバスに乗って、Obersalzberg Hintereckという場所まで行…

ベルヒテスガーデン(1)

今回の夏旅の最後の目的地は、ドイツのベルヒテスガーデンです。 ザルツブルクの駅前から、ドイツのベルヒテスガーデンまで行くローカルバスが出ています。1時間弱ぐらいで、ベルヒテスガーデン駅前に着きます。割とお手軽に来ることが出来るため、ザルツブ…

ザルツブルク

プリーン駅から次に向かったのは、ドイツのお隣であるオーストリアのザルツブルクです。モーツアルト出生の地であるため、まさに音楽好きにとっては聖地ともいえるでしょう。 こちらザルツブルク駅前。写真の右側にバス乗り場があり、ここから観光の中心とな…

ヘレンキームゼー城

お次にミュンヘンから電車で向かった先は、プリーンという街です。ミュンヘンからは、電車で1時間程度です。 プリーンの街自体には、何か特別なものがあるわけではないですが、この街の近くには「キームゼー」という大きな湖があります。キームゼーには、ヘ…

リンダーホーフ城

ガルミッシュ=パルテンキルヒェンを拠点に、さらに向かった先は、リンダーホーフ城というお城。 バイエルンの王であるルートヴィヒ2世は、かつて3つの城をたてました。1つは、ノイシュヴァンシュタイン城。これはすでに2回行きました。そして3つのうちのも…

ミッテンヴァルト

ガルミッシュ=パルテンキルヒェンから東へ電車で20分程度の所に、ミッテンヴァルトという小さな町があります。 こちらはミッテンヴァルト駅。 背後にはカーヴェンデル山という高い山が聳えていますが、それについてはまた後ほど。 ミッテンヴァルト駅前の道…

ガルミッシュ=パルテンキルヒェン

今回の旅のスタート地点は、ガルミッシュ=パルテンキルヒェンというドイツらしい長ったらしい名前の街です。ガルミッシュとパルテンキルヒェンという2つの街がくっついてこんな名前になりました。ミュンヘンから電車で1時間ちょいで着きます。 日本人でこの…