60km

最近本当に天気がよく、暖かい。よってこの週末も自転車で爆走した。
普通に走るときはだいたい60kmほど走るのだけど、実際走ってると60kmという距離がどの程度か案外ピンとこない。走っている感覚として、たいした距離ではないと思っていたが、友人に60kmほど走ってきたわって言うと、ようやるな・・・と引き気味にリアクションされるので、実は結構な距離なのだろうか?と思ったので、日本の地理で例えてみた。


我が京都暮らし時代の巣である京都市左京区は修学院から、フラットに60kmの道が続く奈良方面に距離を測ってみる on Google Map。



するとどうだ、精華町を突き抜け、奈良市に突入し、なんと橿原市まで到達してしまった。


以前車で橿原あたりまで行ったことあるけど、運転してて結構な距離があった印象があるが、まさかそんなとこまで届くとは・・・


走ってみて全く苦ではないのだけど、実は結構キチな距離なのかもしれない。




↓応援(クリック)よろしくお願いいたします。
人気ブログランキングへ