読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プリトヴィツェ湖群国立公園

クロアチア国立公園である、「プリトヴィツェ湖群国立公園」に行きました。
その名の通り、湖が美しい景色を作っている国立公園であり、世界遺産に指定されています。


ザグレブから高速バスで直接向かうことができます。片道2時間ちょいぐらい。


公式サイト(http://www.np-plitvicka-jezera.hr/)からパクった拝借したMAPを用いて説明すると、



まずこの公園は、入口が2つあります。Entrance1がMAP右側、Entrance2が真ん中に見てとれます。ザグレブを発ったバスがどっちの入口に着くかは、たぶん使うバス会社によると思われます(確かではないです)。自分の場合、Entrance2に着きました。このEntrance2のバス降り場の周りには何も案内標識がなくて、いったいどこが公式な入口なのかわからず焦りました。

ちょっと歩くと、チケット売り場を発見。おひとり様110Kuna。


まぁ、公園内は自分が好きなようにハイキングしたらいいのですが、自分が持てる時間に合わせていくつかコースを提示してくれています。


MAPの破線部分はTransportation service(車or船)がある区間。実線はハイキングコースです。なお、水の流れは左から右、すなわち左が上流側になります。


自分は、このMAPのように4−6時間コースをチョイス。すなわち、St2からSt4まで車で運んでもらい、St4から湖沿いを徒歩でP2まで移動。船でP3まで移動したのち、湖沿いを歩いてEntrance1を目指す、というルートです。



というわけで、スタート。基本このような桟橋の上を歩きます。



まだ雪が残ってました。朝のうちは、やや寒かったです。



水の流れる音を聞きながら歩くことになります。マイナスイオンをすーはーすーはー。



ちょくちょくカモを見かけました。なお、ネギは背負っていない模様。



上流の湖は下流の湖に、このように滝を作って水を渡しています。



この公園では、このように滝を目の当たりにして(時にはしぶきを浴びながら)ハイキングできるわけです。



お魚さんがいっぱいいました。何の魚でしょうか。興味のある方は、フグの帽子かぶってるアノお方に聞いてみましょう。



そんなこんなしてると、割とすぐP2のボート乗り場に着いてしまいました。


その後、P3からEntrance1方面に歩いて行きます。




基本は湖上の桟橋を歩くのですが、これらの写真から見てわかるように、湖を見下ろせるハイキングコースもあります。絶景ですので、こちらも是非歩いておきましょう。晴れた日に湖を見ると、とても綺麗なエメラルドグリーンの色をしているのがよくわかります。



この公園で一番大きい滝です。この公園のメインスポット。



この滝の近くでは、大量の水しぶきのために虹が見えてました。



滝に大接近。あたりが水しぶきだらけです。高級カメラとかiPhoneで撮影される方は、ちょっと注意。



そんなこんなしていたら、Entrance1にたどり着いてしまいました。およそ3時間ぐらいしか歩いてないのに・・・。車・船に乗らずに、全部徒歩にしたら4−6時間ぐらいかかるかもしれません。

Entrance1からはすぐにメインの滝が見えるので、こちらから入場するといきなりクライマックスからスタートすることになります。



Entrance1。この付近にレストランとかいっぱいあるんかなと思っていたら、軽食を取るところが1つあるだけでした。たとえば夏季のようなハイシーズンは稼ぎ時だと思うのに、意外と何もないのね。


とはいえ、そこそこ歩いて疲れたので、とりあえずビール。




おまけ。これがバス乗り場。ショボすぎて不安になりますが、バスは一応来てくれます。


余談ですが、ザグレブを出る時に往復チケットを買ったのですが(割引されるので)、これがトラップでした。往復チケットを買ったことにより同一のバス会社しか使えず、そして同じ会社の復路のバス時刻が、全体のバスタイムテーブルの最後でした(午後6時ぐらい)。おかげで、それまで暇をつぶす羽目に。。。仕方がないので、公園に再入場して未踏ルートを歩いたりしてました。でもそのおかげで、いくつかいいビューポイントを見つけられたので、結果的にはよかったですが。



とまぁ、これら写真でお見せしましたように、プリトヴィツェは非常に美しい公園です。


クロアチアに訪れた場合は必見ポイントです。




(続く)




↓応援(クリック)よろしくお願いいたします。
人気ブログランキングへ