アントワープ

さて、アムステルダムを離れてベルギーへ。

ベルギーの首都であるブリュッセルへ向かう途中で、アントワープに立ち寄りました。



アントワープ駅。街はすごい綺麗で、アムステルダムとのギャップが。。。



アントワープには何を見に来たかというと、このアントワープ大聖堂(聖母大聖堂)。ここには、「フランダースの犬」でネロ少年が最後に見ることが出来たルーベンスの絵があります。



教会前には、日本語で書かれた「フランダースの犬」の謎のモニュメント。周りの観光客からは、なんじゃこりゃといった目で見られておりました(フランダースの犬はこちらでは有名ではない)。



教会内部。ルーベンスの作品含め、多数の祭壇画が飾られています。



上記写真の左手奥には、このルーベンスの『キリスト昇架』。



正面奥には、『聖母被昇天』。



そして右手奥に、『キリスト降架』があります。この画の前でネロとパトラッシュは天使とともに天へと導かれた、というお話になっています。


フランダースの犬が好きな人はここアントワープは訪れる価値があるでしょう。日本人ツアー客も結構います。


まぁこんなこと言っておいて実はわたくし、


フランダースの犬』見たこと無いんですが。
(最後のシーンしか知らない)


はー、完全にニワカぞ。



そして小腹が空いたところで、教会近くのカフェでベルギーワッフルなどを食してみる。ワッフルにはいくつか種類があって、シンプルに砂糖がかかっているヤツ(写真のもの)やクリームとかアイスが上に乗っかってるヤツとか。味は甘さ控えめで、ワッフルそのものの味が生きるような感じでしょうか。まとめると、ようわからんということです(汗)。あんまり期待しない方がよいと思われます。




(続く)




↓応援(クリック)よろしくお願いいたします。
人気ブログランキングへ