読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソーセージ

ドイツといえばビールとソーセージ、というのが日本人が抱くイメージ。
ビールに対するイメージは概ね正しい。ドイツ人はビールをよく飲む。わても飲む。そしてウマイ。これはガチ。ビールに関してはマジ天国。


一方、ソーセージはどうでしょう?


こちらに来てからソーセージはまぁちょこちょこ食うけれど、特別うまいかといわれると別にそうでもない。まぁ普通かな〜、という感じ。


そういえば、ECFGの時に聞かれたので後に個人的にも探してみたが、レストランのメニューでソーセージ(ドイツ語でwurst)を見かけることが無い。ドイツといえばソーセージなのになんでレストランのメニューにソーセージないんじゃい、ってなもんですわね、外様からしてみれば。
というわけで、なんで?とドイツ人に聞いてみた。答えとしては、「ソーセージってドイツ人的には軽食扱い(ファーストフード的な)な感じなので、レストランみたいにガッツリ食べたい所にはメニューとして置いてないんだよ」、ということです。外でソーセージを食う時は屋台みたいなところでサッと食うのが普通、らしい。
有名な観光地とかのレストランだとソーセージもメニューに加えてますけども(じゃないと観光客的にガッカリだし)、実態としてはそんなもんのようだ。


一つかしこくなった。
ドイツ滞在2年経過してようやく知った真実である(遅




↓応援(クリック)よろしくお願いいたします。
人気ブログランキングへ