ビザ

危うく忘れるところだったのだけど、自身のビザの期限が来年1月末までだった。
ただ、ドイツに来た時、すなわち前回はMPIの事務のおっちゃんが代わりにビザとってきてくれたんで、今回もよろしくーとか思ってた。
ところが、今年の9月からドイツの法律が変わって、ビザは本人が申請しに行かないといけなくなった。しかも申請してから1月ほどかかるらしく、急いで朝一でStadtbüroへ申請しに行った。


2011年12月、現時点でビザ申請に必要な書類は、

・パスポート
・顔写真
・雇用・収入の証明書(自分の場合、AvH fellowshipの証明書)
・住民票
・健康保険の証明書


こんなところ。


まぁ別に何も難しいことも無く、適当に会話して終わり。ただ今までと違うのが、指紋をとられるということ。これが、本人が申請しなければいけない理由。

ビザは今まではパスポートにペタっと貼り付けるシール形式だったんだけど、9月からは新しくeATという電子カード形式になった。だから発行まで1ヶ月もかかるんだな、多分。

どうでもいいですが、書類のうちの住民票は思いっきり持っていくのを忘れてしまい、じゃ次回eATを渡す時に引き換えと言うことで、と許してもらった。


しかし、もうちょっとビザの期限に気付くの遅かったら危なかったな。まさかの不法滞在になるところだった。





↓応援(クリック)よろしくお願いいたします。
人気ブログランキングへ