猫が一匹おりま“した”

ドイツ生活も9年目に突入( ^ω^)・・・

ドイツ

ロルシュ修道院

カールスルーエを離れ自宅に帰る前に、別の場所にもよりました。 目指すはロルシュ修道院という、こちらも一応は世界遺産に指定されている修道院です。 ただ、観光本でもたいして紹介されず、また日本での知名度もないので、ここに来る日本人はあまりいない…

カールスルーエ動物園

マウルブロン修道院の観光は半日で終わってしまったので、残り半日はカールスルーエに戻って動物園に行きました。 カールスルーエ中央駅の目の前に動物園の入口があるので、とても行きやすいです。 動物園の中央には大きな池があり、ボートにも乗れるようで…

マウルブロン修道院

当然思い立ったように、週末に一人旅してきました。夏休み旅行とは別です。 前から行きたかった場所があったのですが、なかなか行く機会が無かったところへ行ってきました。 そのうちの一つが、世界遺産でもある「マウルブロン修道院」です。中世時代の様子…

ベルヒテスガーデン(3)

ベルヒテスガーデンの主要観光地の最後の3つ目は、ケーニヒス湖です。前回の最後の写真で、ヴァッツマンのそばに見えていた大きな湖です。 ケーニヒス湖へは、ベルヒテスガーデン駅前からバスで10分で着きます。こちらのケーニヒス湖のバス停からおりて5-10…

ベルヒテスガーデン(2)

ベルヒテスガーデンの主要観光地その2は、ケールシュタインハウスです。 ケールシュタインハウスはあのヒトラーの山荘で、ケールシュタインという山の山頂に建っています。 ベルヒテスガーデン駅前からバスに乗って、Obersalzberg Hintereckという場所まで行…

ベルヒテスガーデン(1)

今回の夏旅の最後の目的地は、ドイツのベルヒテスガーデンです。 ザルツブルクの駅前から、ドイツのベルヒテスガーデンまで行くローカルバスが出ています。1時間弱ぐらいで、ベルヒテスガーデン駅前に着きます。割とお手軽に来ることが出来るため、ザルツブ…

ヘレンキームゼー城

お次にミュンヘンから電車で向かった先は、プリーンという街です。ミュンヘンからは、電車で1時間程度です。 プリーンの街自体には、何か特別なものがあるわけではないですが、この街の近くには「キームゼー」という大きな湖があります。キームゼーには、ヘ…

リンダーホーフ城

ガルミッシュ=パルテンキルヒェンを拠点に、さらに向かった先は、リンダーホーフ城というお城。 バイエルンの王であるルートヴィヒ2世は、かつて3つの城をたてました。1つは、ノイシュヴァンシュタイン城。これはすでに2回行きました。そして3つのうちのも…

ミッテンヴァルト

ガルミッシュ=パルテンキルヒェンから東へ電車で20分程度の所に、ミッテンヴァルトという小さな町があります。 こちらはミッテンヴァルト駅。 背後にはカーヴェンデル山という高い山が聳えていますが、それについてはまた後ほど。 ミッテンヴァルト駅前の道…

ガルミッシュ=パルテンキルヒェン

今回の旅のスタート地点は、ガルミッシュ=パルテンキルヒェンというドイツらしい長ったらしい名前の街です。ガルミッシュとパルテンキルヒェンという2つの街がくっついてこんな名前になりました。ミュンヘンから電車で1時間ちょいで着きます。 日本人でこの…

チャリ旅2017(ライン川編)

前回あんな記事を書いた後、偶然にも3連休があったので、さっそくチャリ旅に出てしまいました。とにかく口にしたことは必ず実行しないと気が済まない性格なんです。 以前、リューデスハイムからボッパルトまでのライン川をボートクルージングした時、川沿い…

フライブルク

4月にイースターで4連休あったので旅に出ました。が、おもくそ風邪をひいてしまって風邪薬で症状をごまかしながら歩き回ってました。ちなみにいまだに治ってない模様。 まずは南に向かおうということで最初に訪れたのは、フライブルク。たいして大きな街でも…

ヴィースバーデン

カッとなった頭を冷やすためにはやはりリフレッシュが必要だということで、お出かけ。 そんなわけで、ヴィースバーデンにやってきました(写真は中央駅)。あまり聞いたことない街の名前かもしれませんが、なにげにドイツ・ヘッセン州の州都だったりします。…

ハーメルン

次に行きたかった場所かつ今回最後の訪問地は、ハーメルンです。 その名前の通り、「ハーメルンの笛吹き男」の伝説で知られる街です。 ハノーファー中央駅から電車で45分で、ハーメルン駅に着きます。 観光の中心である旧市街は、駅前から徒歩で15分程度の距…

ベルゲン・ベルゼン強制収容所

さて、本当に行きたかった場所その1は、ベルゲン・ベルゼン強制収容所です。 これまで、ザクセンハウゼン、アウシュヴィッツ・ビルケナウ、ダッハウと強制収容所を訪れ、このベルゲン・ベルゼンで4ヵ所目です。 まずツェレという街に電車で向かいます。ハ…

ハノーファー

突発的に、旅に出てました。やっぱ旅は気分転換に一番だ。 ドイツの南の方は結構行ったので、もうちょっと北あたりに行こうということでたどり着いたのが、 ここ、ハノーファー。写真は駅前です。 ハノーファーの人には悪いですが、正直あんまり見るとこ無い…

ダッハウ

ミュンヘンまで来たなら、こちらも見逃せません。それは、ミュンヘン郊外にあるダッハウという街。ここには、「ダッハウ強制収容所」があります。ナチスの収容所の中でも最も古い収容所の一つとして挙げられ、他の収容所のモデルとなったと言われています。 …

ミュンヘン

先日(つってももう2週間ぐらい前)、仕事でまたミュンヘンに行ってきたので、前回行った時の写真と組み合わせて、改めてもう少しミュンヘンの紹介など。 ミュンヘン中央駅内。ま、大体フランクフルト中央駅と同じかんじ。難民が大量に到着してうんたらかん…

その他訪問地

自転車旅が終わってから今までの間に、ドイツのその他の場所も訪れましたので、簡単にご紹介。 バイエルン州にある街、レーゲンスブルク。ドナウ川沿いにある旧市街と大聖堂が見どころ。 その後、ミュンヘンへ。左の建物がフラウエン教会で、右が市庁舎です…

ロマンティック街道・自転車旅(反省会)

というわけで、全10回に分けての自転車旅の記事でした。 せっかくなので、気付いた事とか反省点をまとめておきます。 まず、荷物が重い。 実際は容量30Lのリュック一つを背負っていただけなのですが、これが結構しんどい。平坦な道を走るうえでは特に苦には…

ロマンティック街道・自転車旅(10)

ついにこの自転車旅も、今日で最終日。あとはゴールであるヴュルツブルクに向かうだけです。 朝ごはんもしっかり食べて、よっしゃ行きますかっと。うわ、今日も朝から暑い。 まずはタウバー川に並行して、平坦な道を走ります。 タウバービショフスハイムとい…

ロマンティック街道・自転車旅(9)

ローテンブルクの後はさしたる観光する街も無いので、直線的にヴュルツブルクまで行ってしまいたいところですが、実際のロマンティック街道はこの区間(ローテンブルク~ヴュルツブルク)を大回りするように道が走っているという嫌がらせ感。 またこの区間は…

ロマンティック街道・自転車旅(8)

ディンケルスビュールを出て次に向かうのは、このロマンティック街道の目玉となる街である、ローテンブルク・オプ・デア・タウバー(以下ローテンブルク)。 事前情報等によると、このローテンブルクあたりは結構hillyでしんどいとの噂でした。で、ちょっと…

ロマンティック街道・自転車旅(7)

ネルトリンゲンを離れて、次はディンケルスビュールという街に向かいます。 前回書くのを忘れてたのですが、ネルトリンゲンに到着したとき、前輪タイヤにも細かいヒビがいっぱい入っていることに気が付き(ランツベルクでは見当たらなかった)、結局ネルトリ…

ロマンティック街道・自転車旅(6)

ドナウヴェルトを出て、はじめはヴェルニッツ川沿いのサイクリングロードを走ります。今日目指すのは、ネルトリンゲンという街。 ヴェルニッツ川とタイソウな名前があるものの、その実態はこのレベルのフツーの川なんですけども。 ドナウヴェルトを出てしば…

ロマンティック街道・自転車旅(5)

さて、アウクスブルクを出て次はどこまで目指すか、ということですが、これがやや迷いました。 次のメインの観光都市は、ネルトリンゲンだと思うのですが、これがアウクスブルクからは70-80㎞ぐらいは離れていて、一気に行くにはやや遠い。そして、観光する…

ロマンティック街道・自転車旅(4)

泊まっていたホテルの近くにバイクショップがあったので、後輪のチューブとタイヤを交換してもらおうと持って行ったところ、当日中の受け渡しは無理で翌日の朝、ということに。 ホテルの部屋も空いていたし、まぁもう1泊するのも悪くないかと思い、本来なら…

ロマンティック街道・自転車旅(3)

さてさて、本格的にサイクリングをスタートです。 フュッセンからハルプレヒまでは、極めて平坦な道で、さくさく進んでいけました。 さっきまで身近に見えていたアルプスの山々が、だんだんと遠くなっていくのを見て、なんだか寂しい気持ちに。 ハルプレヒを…

ロマンティック街道・自転車旅(2)

と、走り始める前に、まず行っておきたいのが、ノイシュヴァンシュタイン城。 こちらも当然、前回行きましたが、やっぱもう1回行っておきたいなと。 st1215.hatenadiary.jp 前回はバスで行きましたが、今回は自転車で軽やかに。 また来てしまった、といった…

ロマンティック街道・自転車旅(1)

まず、今回のスタート地点のフュッセンまで移動。 本来なら、ロマンティック街道のスタートはヴュルツブルクなのですが、ヴュルツブルク→フュッセンはアルプスに近付いて行くということもあり、大きな視点で見れば坂道になっていることになります。よって、…